Skip to content

エステティシャンになるには

エステサロンはセレブが通うというイメージから、存在も料金も気軽に利用できる時代となっています。

利用者も増え、ニーズが高いことから、エステティシャンの活躍する場も増えているといえます。エステティシャンになるには、特に資格は必要ありません。しかしながら、利用者の肌に直接触れたり、高度な機器を扱うことから、確かな知識や技術が必要とされる職種であるといえます。

また、接客業も含まれることから、知識や技術以外にも接客、営業の能力も求められます。エステティシャンになる方法の一つとして、養成スクールに通うという方法があります。一般的基礎知識や技術を学ぶことができ、サロンへの就職に有利になるといえます。

サロンと提携している養成スクールならそのまま就職への道につながる場合があります。養成スクール以外の方法は、未経験者でも就職が可能なサロンを見つけることです。サロンごとに使用機器やサービス内容が異なるため、社内研修のようなスキルアップが可能な教育制度を整えているところも多いです。

エステティシャンとして働いた経験は、再就職や転職にも活かされます。女性の利用者目的で営業されているサロンが一般的ですが、男性専用のメンズサロンも増えてきている時代なので、活躍できる場は広いといえます。国家資格はないものの、認定資格は存在し、経験や知識を増やすことで独立への道もあります。手に職をつけられるということで、女性には人気の職業といえます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *